TEL:0584-82-1192

〒503-0858
岐阜県大垣市世安町2-68-7
 

    

  

大垣市の消化器内科・内科なら、細川おなかクリニックへ

一般内科

よくある質問Q&A
Mobile Site
HOME»  一般内科

一般内科

 

地域の皆様の内科的疾患についてどんな些細なことでもご相談いただけるよう、わかりやすい診療をしてまいります。

「症状があるけれども何科を受診したらいいのかわからい」
「健診で異常値をしてきされたがどうすれば良いか?」

といったことでもお気軽にご相談ください。

生活習慣病

糖尿病

糖尿病はインスリン作用の不足に基づく慢性の高血糖状態を来す代謝疾患です。健常者では、空腹時の血糖値(血液中のブドウ糖の濃度)は110mgdl以下であり、食事をして血糖値が上昇しても、膵臓(すいぞう)のβ(ベータ)細胞からインスリンが分泌され2時間もすると空腹時のレベルに戻ります。インスリン分泌低下あるいはインスリン抵抗性を来すと、食後の血糖値が上昇し、次第に空腹時の血糖値も上昇してきます。
当院では生活指導等も行っておりますのでご相談ください。

高血圧

複数回の各来院時に座位で測定された血圧が、常に最高血圧140mmHg以上、あるいは最低血圧90mmHg以上である状態を高血圧と定義しています。現在の基準では、正常血圧は最高血圧が120mmHg未満、かつ最低血圧が80mmHg未満とされています。
120~13980~89mmHgは高血圧前状態と定義されています。降圧薬の投与を受けている人は、血圧が正常範囲にあっても高血圧という診断になります。

脂質異常

血中のコレステロールやトリグリセリド(中性脂肪)が増加する状態を高脂血症といいます。高脂血症は動脈硬化の原因となりますが、血中のコレステロールには次に述べるように善玉(ぜんだま)といわれるHDLというリポ蛋白に運ばれているものがあります。
一般には、高カロリー高脂肪の食事と運動不足などの生活習慣が一番多い原因です。しかし、遺伝性の脂質異常症も知られています。なかでも家族性高コレステロール血症は日本人では500人に1人の高い頻度でみられる遺伝性の疾患です。そのほかにも家族性複合型高脂血症、家族性III型高脂血症などの遺伝性高脂血症があります。遺伝性の低HDL血症もありますが、極めてまれですので一般には心配する必要はありません。

PageTop